いったいどんな内科があるのか

一概にないかと言ってもその種類は様々です。一般的なもので言えば、消化器科、神経内科、呼吸器科、心療内科肝臓内科、循環器内科、心臓内科、口腔内科等が存在します。何故こんなに様々な内科があるかと言うと、診療を受ける際にはまず最初に内科を受ける場合がほとんどです。その場合一人の医師が体の全てを熟知する事は出来ない為、専門で詳しくなる必要が出てきます。そして病院へ行く人がわかりやすいように区別されています。

基本的に内科でする事

基本的にはまずカウンセリングを行い、内科により違いがありますが、各内科ごとの器具による検査を行います。(インフルエンザ等の予防接種は基本的にどこでもできます。)内容により運動や食事療法の指導等を行う場合もあります。その後は処方箋等の書いて投薬を行ってくれます。また基本的に内科はメスなどを持ちません。(外科になってしまう為)状況や症状により外科や違う内科への斡旋を行います。投薬によって内側からの治療、改善を行います。

例外的な心療内科とは

内科の中で少しだけ特殊な内科が存在します。それは心療内科です。こちらは病気の原因が心因性の問題に対応した内科となっています。自律神経失調症や鬱病による診断の為薬の投薬よりは話し合いやカウンセリングを行う事によって患者さんの心の傷やストレスを少しづつ無くしていく働きをしています。また、精神科というまた別の病院よりもイメージ的に敷居が低い為近年の新設されることも多く、ストレス社会と呼ばれる今は患者さんも増えているそうです。

三鷹の内科は、様々なサイトにおいて多くの口コミが掲載されているため、初めて利用する場合でも事前に評判をチェックできて安心です。